スマートフォン用の画像

SHOP

Information

Product features



pc用画像



Particular about


スマートフォン用の画像

受け継がれる養蚕技術

長野県の養蚕技術は神話の時代より脈々と受け継がれてきたものです
絹糸にする技術はもちろんのこと、北部に高い山々がそびえ冬の乾燥が 激しかった長野県中南部では昔から繭を煮た煮汁を小町水(化粧水)として 使っていたという話しや唄も伝わっています そこで世界中の皆様にこの保湿力を実感していただきたく 最も自然な形でお使いいただける石鹸を販売することといたしました 昔から伝わる信州(長野)女の知恵を実感してください

肌にやさしい洗い方

ゴシゴシ洗いはNG

なんといっても優しく洗うのが肌を傷つけないポイント
指が肌に触れないようにしっかり泡立てて使うのがポイント



濃厚Richな泡立てのPOINT

※MIZUラグジュアリーソープは全身にお使いいただけるせっけんです



  •  泡立てる際のお湯はぬるま湯を使用すること
  •  一度濡らした泡立てネットの水を切って少量の水で泡立てること
  •  MIZUラグジュアリーソープを削り取るようにネットに塗布すること


洗顔に使う場合の洗い方


  • 顔をぬるま湯でながします
  • 泡立てネットを少量のぬるま湯で濡らします
  • 水分を少し切り、MIZUラグジュアリーソープを泡立てネットを使って泡立てます
    ※濃厚リッチな泡が立たない場合は水分が多いことが予想されます。もう少し水分を切ってお試しください
  • 優しく肌を洗いますします>
    ※摩擦は肌を痛める原因の一つとされています肌で手の感触を感じない程度の泡で優しく洗ってください
  • ぬるま湯で優しく流します
    ※MIZUラグジュアリーソープは界面活性剤が入っていないので入念に流す必要はありませんが、
    肌が気持ち悪くならない程度に流水で流し下さい


ボディーケアまでの時間は?



化粧水を着ける目安はお風呂上りの後、約5分以内と言われています
お風呂上り、ボディーケアを始めるまでの時間はどのくらいかかっていますか?
多くの人がフェイス ヘア ボディの順ではないでしょうか?
ボディーも同じお肌です。ボディケアを始めるまでの時間がカギなのです
しかし、長い時間しっとりが続くMIZUラグジュアリーソープなら保湿状態が保たれるので
ゆっくりとボディケアをしていただけます。



いつ洗う?



MIZUラグジュアリーソープは洗った後もシルクタンパク質(アミノ酸)が肌に残ります。
ラグジュアリーソープで洗った後に肌を刺激の強いボディソープやシャンプーが着いてしまいますと
せっかくの成分が流れてしまいます。
しっとり感をより実感して頂くには洗う順番は大切です

フェイスのみにお使いの場合

シャンプー&ボディの後お使いください

ボディ&フェイスにお使いの場合

シャンプーの後お使いください

ヘア&ボディ&フェイスにお使いの場合

どの順番でお使いいただいても大丈夫です



せっけんを長持ちさせるには?



湿度が高いと、石鹸は溶けてしまいます。
入浴の際に都度持ち込むほうが石鹸は長持ち致します



ショッピングサイト



ショッピングサイトへ


1回で30個以上お注文のお客様